0120-061-279 M&A・有効的承継はすばるへ!お気軽にご相談ください。

M&A・相続・事業承継のすばる

すばるM&AリサーチSubaru M&A research

LBOなら少ない自己資金で買収可能?メリットや仕組みを解説

山下正太郎

山下正太郎

メガバンクに入行し、M&Aを含む各種ファイナンス業務に従事した後、大手M&Aブティックに入社。中小企業の事業承継問題に対するソリューションとしてのM&A取引を推進。その後、上場企業および大手コンサルティング会社の企画部門にて投資責任者を歴任。キャリアを通じて多数のM&A案件の成約に携わった他、PMI担当として買収先とのスムーズな経営承継を実現した経験を多数持つ。牧田公認会計士事務所、株式会社すばるに参画し、現在に至る。本記事の監修を務める。

ビジネスの現場では、LBOという用語が登場することがあります。これ以外にもMBOやEBO、MEBOといった言葉が登場する場合もあるため、それぞれの違いがわかりにくいかもしれません。

LBOはM&Aにおける手法のひとつですが、複雑な仕組みであることや、デメリットもあるので注意が必要です。そこで、この記事ではLBOの用語の意味やその仕組みについて解説していきます。

お問い合わせの電話番号0120061279

LBOとは

LBOとは

LBOとは、自己資金を抑えつつM&Aを実現することができる手法です。EBOやMEBOとの違いを意識しながら理解を進めていきましょう。

レバレッジド・バイアウトの略称

LBOとはLeveraged Buyout(レバレッジド・バイアウト)の略称で、直訳すると「てこの作用による買収」です。具体的に説明すると、金融機関や投資ファンドからの借入金を活用して企業買収をおこなうことです。少ない自己資金だけでは実現が難しかった、規模の大きな企業の買収ができるようになります。

貸し手の立場としては、融資金の確実な返済を望みます。LBOを活用しての買収を検討する上では、買収先の企業から安定したキャッシュフローを得られることが前提条件となります。

MBOとの関係性は?

一方、MBOはマネジメント・バイアウトのことをさしており、経営陣が自身の所属する企業の株式や事業をその所有者から買収することです。会社の規模によっては、経営陣の自己資金では買収ができないため、MBOの際にLBOの手法をとるということも充分ありえます。

なお、似た表現としてEBOやMEBO、MBIという用語もあります。EBOはエンプロイー・バイアウトのことで、従業員による買収を意味し、MEBOはMBOとEBOをあわせたもので、マネジメント・エンプロイー・バイアウトと呼ばれ、経営陣と従業員による買収のことです。

また、マネジメント・バイインの略称であるMBIは、企業を買収した企業や投資家が外部から経営陣を送り込むことです。ブランド力や技術力が優れているにもかかわらず、経営人材に乏しい会社の立て直しに有効な手法といわれています。

自己資金を抑えて企業買収できる

では、なぜLBOでは少ない手元資金でも多額の資金を調達できるのでしょうか。

そもそも、LBOは買収対象となる企業のキャッシュフローや資産を担保にして融資を受け、それを用いて企業買収をおこなう仕組みです。

最終的に借入金の返済を担うのは買収対象の企業になるため、貸し手は相手が規模の小さい企業や自己資金の少ない経営者であっても、買収対象となる企業からの返済が充分に可能とみれば融資が実行されます。買収対象企業の資産や将来性が担保できれば、小さい企業でも大きな企業の買収が可能になる、まさに「てこ」の手法といえるでしょう。

LBO実行へのプロセス

LBO実行へのプロセス

LBOを実行するには、いくつかのプロセスを経る必要があります。ここでは、SPCの設立、資金調達、買収や合併、返済の4段階に分けて紹介します。

株式の買い取りを目的としたSPCの設立

LBOをおこなう際には、買収対象となる企業の最終的な受け皿となるSPCを設立する必要があります。SPCは特別目的会社とも呼ばれるものです。

イメージとしては、ペーパーカンパニーのようなものを思い浮かべると良いでしょう。SPCはSPC法(資産の流動化に関する法律の略称)に沿って設立する場合と、会社法に基づいて設立する場合があります。

どちらの法に則るかによって印紙や資本金、届出方法に違いがあるので、注意しましょう。また、SPCの一種としてTMK(特定目的会社)という会社もあります。

それぞれ似た概念ですが、TMKは資産流動化を目的として設立するものです。ここではSPCについて理解しておきましょう。

なお、以降の資金調達や買収のいずれもここで設立したSPCが主体となります。

資金を調達する

次に、資金調達手段を検討しなくてはなりません。金融機関は審査にあたって、買収対象企業に確実な返済が可能かを重点的に見るはずです。

そもそも、利益を生み出さない企業を買収したいと考える可能性は低いので、買収先を決める段階で買い手自身でも買収対象企業のキャッシュフローを検証するかと思いますが、その際、。金融機関への返済も踏まえて慎重に検証をおこなう必要があります。

なお、資金調達は銀行からの借り入れ以外にも社債発行や投資ファンドからの援助など様々な方法があります。借入金の大小はLBO後の財務内容にも大きな影響を及ぼすので、先のことを踏まえた上でどのように資金調達するかを検討するようにしましょう。

買収を実行し合併する

資金調達の目処がついたら、SPCが買収対象となる企業の株式を購入するプロセスに移ります。一般的には持株比率100%になるようにします。

このプロセスでは、最終的に対象企業とSPCの合併を行うことになります。対象企業がもともと上場企業であった場合、この段階で非上場企業に変えることで他の投資会社や競合企業にM&Aを仕掛けられることを防ぐことができます。

借り入れの返済

当初資金を借り入れ、返済義務を負っていたのはSPCでした。しかし、SPCが対象企業と合併したことで返済義務は対象企業が負います。

そのため、これ以降は対象企業の資産や生み出されるキャッシュフローを原資に返済を続けていくことになります。

LBOファイナンスの仕組み

LBOファイナンスの仕組み

LBOローンの資金調達方法は、シニアローン、メザニンローン、劣後社債などと多岐にわたります。シニアローンとメザニンローンの違いは、その返済順位にあります。

メザニンローンは一般的なローンであるシニアローンに比べると返済順位が劣る分、金融機関は高金利で貸し出します。そのため、借りる側にとっては、コストが高くなりますが、買収金額が自己資金やシニアローンではまかなえない場合に対応する手段として有効です。

劣後社債についても、考え方は似ており、普通社債に比べると元本や利息の支払い順位が劣後します。本稿ではメザニンローンおよび劣後社債の解説は割愛します。

ここからは、LBOローンがどのように契約されるものなのか、さらに掘り下げてみましょう。

LBOローンとは

LBOローンは通常ノンリコース・ローンであり、通常のローンより審査条件が厳しいことが一般的です。さらに、契約形態はターム・ローンとコミットメント・ラインの2種類に分類できます。

ターム・ローンは金銭消費貸借契約書を交わす証書貸付で、返済形式によってさらにターム・ローンAとターム・ローンBがあります。ターム・ローンAは毎期約定金額を返済していくもので、ターム・ローンBは返済期限に一括で返済するものです。また、ターム・ローンBでは、期限到来時のリファイナンスが想定されていることも多くあります。

一方のコミットメント・ラインもローンであることには変わりません。ただし、事前に融資枠を決めておき、LBOローンに条項として入れておくことで、金融機関が予め決定しておいた融資枠の範囲で融資実行を約束する点に違いがあります。

入出金のタイミングのズレや季節性等により必要運転資金が変動し、タイミングによっては資金が不足する場合があります。その際、コミットメント・ラインを設定していれば、運転資金のための借り入れが可能です。

なお、上記のタームローンおよびコミットメント・ラインはいずれもシニアローンにて取引がなされます。一方、M&Aの規模によってはこれらのシニアローンでは賄いきれず、そうした場合にメザニンローンや劣後社債が資金調達の選択肢として本格的に検討されることになります。

リコース・ローンとの違い

LBOはノンリコース・ローンと述べましたが、リコース・ローンとの違いはどのようなものでしょうか。まずノンリコース・ローンとは、返済の責任を限定するローンのことです。

流れで説明したように、LBOでの融資は買い手の信用力ではなく、SPCと買収対象となる会社の信用力を引当てにしています。買い手にとっては、万が一の場合に他の事業への影響を防ぐことができる点がメリットです。

その反対に、リコース・ローンは買い手の信用に基づいて融資をおこなうため、買い手が全面的に返済責任を負うことになります。 資金の貸し手である金融機関にとっては返済の確実性が上がるという側面があり、
一般的にはノン・リコースローンに比べると金利が低く設定されます。

LBOのメリット

LBOのメリット

ここからは、LBOのメリットを紹介します。買手企業にとっては、少ない投資で大きなリターンを見込めますし、融資側も高金利で融資することができます。

ここでは、買い手側のメリットについてさらに詳しくみてみましょう。

少ない投資で大きなリターンを見込める

ここまで説明してきたように、LBOは少ない自己資金でも大きな企業の買収を可能にする特徴があります。レバレッジ効果によって、内部収益率(IRR)の向上を図ることができるのです。

さらに、返済責任は買い手ではなく、対象企業が負うという点でも一見リスクが低く感じるかもしれません。ただし、LBOをハイリスク・ハイリターンと見る場合もあるので注意が必要です。

万が一買収後に対象企業が返済不能に陥った場合に、買い手の信用も落ちる可能性があるからです。

返済利息分を損金計上できる

LBOは金融機関から資金を調達するため、当然元本支払いのみならず、利息の支払いも発生します。支払利息は損金に算入することができ、結果として税負担を圧縮することができるのです。

ただし、多額の支払利息は収益性圧迫にもつながりますので、注意しましょう。なお、節税効果があるのは直接的には買い手ではなく、対象企業になります。

LBOのデメリット

LBOのデメリット

LBOにはいくつかのデメリットがあるので注意が必要です。

金融機関にとっては、リコース・ローンに比べて一般的に金利を高く設定可能であるという半面、多額の融資金を貸し出すリスクがあります。買い手にとっては金利面、自由度、負債面の3点にデメリットあるでしょう。

ここでは、買い手にとってのLBOの3つのデメリットを詳しくみていきます。

金利負担のリスクが発生

対象企業のキャッシュフローがたとえ潤沢であったとしても、LBOによって高金利の借り入れが増えることで毎月の支払利息の負担が大きくなります。また、LBOをおこなうにあたっては、金利以外にも弁護士費用など様々なコストが発生するでしょう。

これらが収益に悪影響を及ぼし、企業価値に影響を及ぼします。買い手は、自己資金分を対象企業に投資していることになるので、企業価値が極端に減少すると買い手の財務内容の悪化も避けられません。

経営の自由度が下がる恐れがある

LBOでは、多額の融資金額が発生するので、金融機関は返済が滞ることのないように注視します。そこで、金融機関から各種資料の提出や報告をこまめに求められることが一般的です。その他、業績に関する誓約事項(コベナンツ)を設定されることが多く、経営状況によっては、経営計画に指導が入ることもあるでしょう。

さらに、資金提供元が利益に重点を置く投資ファンドであれば、業績に対するプレッシャーはより強くなるはずです。つまり、全て自己資金でまかなう場合に比べると、経営の自由度が下がるといわざるを得ません。

負債過多になる

対象企業が負債過多に陥る可能性があることはLBOの最大のデメリットになります。多額の借り入れが可能だったとしても、安易に借り入れに頼るのも考えものです。

対象企業が優良企業であったとしても、LBOを活用する場合には買収後の一歩目から多額の負債を抱えることになるケースもあります。資金の出元である金融機関は、そこまで配慮せずにLBOを強く押し進めるケースもあるので、買い手自身が事業計画と照らし合わせてしっかり返済が可能か検討しておく必要があるでしょう。

ここで紹介した3つのデメリット以外にも、M&A自体のデメリットとして、対象企業の買収で期待したシナジーの獲得ができず、結果として負債だけが残る可能性があるという点も気にかけておく必要があります。

LBOの注意点

LBOの注意点

では、LBOを活用した買収を決断した場合、そのデメリットをどのように回避するのが良いでしょうか。アメリカでは、利益が出ていない企業をLBOで買収したことで、結果的に有利子負債が大幅に膨れ上がり、破綻に陥った例がいくつもあります。

高金利の返済利息や債務残高をしっかり意識した上で買収先の選定を行うようにしましょう。選定の際には、収益性が安定している、将来性がある、業務効率化の余地があるなどの基準を参考にすると良いでしょう。

返済不能にならないように計画を立てる

LBOを活用した買収の際、そのレバレッジやリターンを考慮します。リターンの指標としてよく使われるのがIRR(内部収益率)です。

IRRは複雑な計算式を伴うため、詳細説明はここでは省略します。しかし、同じく投資判断に使われる利回りと比較して割引率を考慮している点や期間の異なる投資商品も比較しやすい点がメリットです。

より計画的な返済には、まずLBOがうむ利益を理解する必要があります。LBOを計算するには、複雑な計算式があるためLBOモデルを作成するのが効果的です。

簡易のLBOモデルでの計算方法もある

LBOモデルはエクセルで作成することも可能ですが、入力項目や検証すべきことも多いため、面倒に感じるかもしれません。そんなときは、必要最低限の項目のみを入力する簡易モデルを作成するのもひとつの方法です。

簡易モデルを作成する際に必要なのは以下の項目です。

①EBITDAとEBITDA成長率

②税率

③減価償却金額

④運転資本の変動額

⑤設備投資金額

⑥買収時のEV/EBITDA倍率

⑦有利子負債EV/EBITDA倍率

⑧有利子負債の利率

なお、EBITDAは金利支払い前、税支払い前、有形固定資産の減価償却費及び無形固定資産の償却費控除前の利益をあらわします。また、EVは企業価値のことです。

このモデルにより、簡便的にIRRを算出できるので、同業他社との比較や返済見込みをすることができます。無謀なLBOをおこなうことにより、負債過多に陥ることがないよう、このモデルを活用した企業選定や返済計画を立てるようにしましょう。

まとめ

まとめ

以上、LBOのメリットやその特徴を解説しました。LBOという手法をとれば、少ない自己資金でも大きな企業の買収も可能になり、最終的に高いリターンも見込めるのがメリットです。

一方、安易に借入額を増やすと、債務過多になり財務内容を悪化させる恐れがあります。それにもかかわらず、金融機関によっては、そこまで考慮せずに積極的にLBOをすすめることもあるでしょう。

そこで、まずは客観的に買収対象先や返済計画を見直した上で、LBOを活用すべきかを決める必要があります。その際の算出方法や手順については専門的なことも多いため、まずは公認会計士などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

LBOのメリットを享受したい方、デメリットについて相談したい方は、LBOを活用したM&Aの支援実績が豊富なすばるまでお気軽にご相談ください。

人気記事ランキング

M&A新着情報 

Youtubeチャンネル 

お問い合わせ

お問い合わせの電話番号0120061279

メンバー紹介
メンバー紹介

READ MORE

M&A事例紹介
M&A事例紹介

READ MORE

お問い合わせの電話番号0120061279

友好的承継・事業承継・M&Aのご相談なら株式会社すばる

友好的承継・事業承継・M&Aのご相談なら公認会計士や金融機関出身者などの専門家が集まる株式会社すばるにご相談ください。
株式会社すばるは安心・安全な体制で皆様の友好的承継・事業承継・M&Aをサポートします

大手会計系ファーム出身の公認会計士・税理士や金融機関出身者などによる専門家がサポート

② 公認会計士などの士業により守秘義務を維持したうえで安全に案件実行

③ 独立系ファームによる迅速な対応をお約束

④ 全国に提携している金融機関や公認会計士・弁護士などの専門家と連携して案件実行

⑤ 弊社では相手先の選定から、詳細な調査に至るまでワンストップでのサーピスを提供しており、貴社のお手間を最小限にいたします

株式会社すばるは公認会計士や金融機関出身者などが運営する友好的承継・事業承継・M&Aを推進する会社です。業歴の長いM&Aプレーヤーによる安心・安全な体制で、皆様の友好的承継・事業承継・M&Aをサポートします。ご相談は無料でお受けしておりますので、まずはお気軽にご相談ください